在宅勤務の体制を緩和しました。

OCDIでは、新型コロナウィルスの感染拡大防止として、当該財団に勤務する役職員については、これまで原則在宅勤務を行っておりました。
今般、5月25日に緊急事態宣言が解除されたことを受け、在宅勤務の体制を緩和して、在宅勤務と出勤(時差出勤を含む)を併用する体制にしました。
在宅勤務中の当該財団役職員へのお問い合わせ等がある場合は、引き続き、各担当者にメールでご連絡をいただければ幸いです。